洗顔を極める✨✨

8月も あと数日となり、夏休みも終わりですね。

本当に本当に暑い夏でしたね〜💦

さて、今回は毎日している『洗顔』に
こだわってみました。

『洗顔』なんて何しても一緒でしょ?
えっ、何が違うの?
と思われますよね〜(o^^o)

ラウンジでお手入れすると、
「なんか違うのよね」
「家でするより汚れがたくさんとれる!」
というお声も伺います。

そこで、
サキナクレンジング&マッサージクリーム、
サキナウォッシングフォームを
使って、洗顔レッスンしましょっ‼︎

キレイで健康的な肌、
それはターンオーバー(肌の代謝)が
スムーズであること。
それには汚れのない肌が理想的!
肌に負担をかけずに、毎日の汚れを
しっかり取りましょう!

洗顔で取れない毛穴に溜まった汚れは、
週に1度のフルコースで
しっかりoffしましょう〜‼︎

【極意1】 肌の厚みを知る❕

皮膚の1番外側で、バリア機能も
担っている角層の厚みは、
なんと、なんと 0.02mm
サランラップ1〜2枚の世界なんです。

摩擦や擦り過ぎで傷めないに
《うぶ毛タッチ》で触れましょう。

【極意2】 クレンジング・ウォッシングフォーム
の役割を知る❕

①クレンジングの役割は、
汚れを浮き上がらせること‼︎

なので、量が不十分だと役割が果たせず、摩擦や擦り過ぎに繋がり、却って皮膚を傷めることに…

適量 ティースプーン一杯
計量スプーン5cc 一杯程度が目安です!

顔全体に広げたときに、
白っぽく残るくらい。
広げた時に透明になるようでは、
量が足りていません。

量の確認ができたら、《うぶ毛タッチ》で、
クリームが透明になるまでくるくると。
時間の目安は1分くらいで。

その後、熱いと感じないくらいのぬるま湯で
流します。

②次に、ウォッシングの役割は。
汚れを 包み込んで取り除くこと!

なので、きめ細かい泡で肌の溝に溜まった
汚れもすっきり取り除きます。

ただし、全顔一気に洗うのどはなく、
顔のパーツごとの特徴を知り、
洗いわけましょう。

でないと、頬や鼻、高い所ばかり何度も
擦り過ぎてしまう方が多いですね。

皮脂の多い、おでこ、鼻、あごに
ネットで立てたしっかり硬めの泡を乗せます。

泡をクッションにして泡を転がすように。

次に残りの泡を両手に分けて、
頬を優〜しく洗います。

ここまでは目を開けてましたが、

最後に目をつむり、まぶた、目の周りを
優〜〜しく洗います。

洗い流す時は、まず泡をワイパーのように
すくって先に流します。

すすぎの回数がなるべく少なくて済むように、
ぬるま湯で 夏はお水で、洗い流します。

もちろん、タオルで拭く時も、
優しく、しずくを吸い取らせる女優拭きで
お願いしますね♡

お顔の代わりに手の甲でレッスンしてみます。

まず、UV、サキナミネラルウォーターファンデーションを塗り、普段メイクしている状態に。
image

サキナ クレンジング&マッサージ を
うぶ毛タッチで くるくると…
メイクを浮き上がらせると、
白いクリームがファンデーション色に!

image

水でクリームを流します。
ウォッシングフォームを泡立てネットを使い、
硬いホイップクリームみたいに作ります。

image

image

泡を転がすようにまた うぶ毛タッチで優しく
汚れを包み込みます♡

お水をかけるだけで、泡切れよくサッと流れます!

左右の手を比べてみて下さい!
白さ、しっとり感、全然違うんですよ♡
うれしくなっちゃいます!

今夜の洗顔からあなたも変わりますよo(^▽^)o

ラウンジでのアフターフォロー時に
ぜひビューティパートナーとご一緒に
うぶ毛タッチ の感触をお確かめ下さい。

強く擦らなくても、
ザブザブ洗わなくても、
サキナのクレンジングと洗顔で
しっかり汚れが落ちること、
ガッテン 頂けること間違いなし‼︎です\(^o^)/